家主と賃借人尾関係は良い方向に変わりつつある

契約期間内でも関係なく立ち退きを

賃貸住宅に住んでいると、築浅物件であっても、急に取り壊してマンションにするから、と立ち退きを迫られることがあります。不動産屋は家主の代理人のようなものですから、とにかく家主に都合のいいように持っていこうとします。契約期間内でも関係なし、立ち退き料など支払う気はまったくなし、期限を一方的に決めてそれまでに明け渡すよう通告、立ち退き先は自分で探すものだ、などなど。住人たちはおかしいと思いつつも、言いなりになりがちです。

現場では家主が強い立場

本来、マンションに建て替えるから、という理由で住人を立ち退かせるのは、そう簡単なことではないはずなんですね。法律的に。でも、賃貸に住んでいると、家主は結構強い立場でした。最近は少々違ってきてますけど。家主にそう言われて、不動産屋に出て行くのが当然だという対応をされて、それに皆がすぐ従うというのは不思議な気もしますが、現実はそうです。築浅物件でも晴天のへきれきでも、いずれにせよ住み続けることはできないのだから、というわけでしょうか。

人口減少と住居の賃借関係

人口減少で空き家が増えてきつつあることで、良かったことと言えば、賃借人の立場が強くなってきたことでしょう。わが国ではずっと住宅難の時代が続いていましたから、家主の力が強いままでした。けれども人口が減少に転じて、礼金ゼロ物件が増えてきたり、貸し手側が空き室を埋めるために四苦八苦したり、と少しづつ力関係が変わってきつつあります。これは人口減少のもたらした良い面でしょう。本来は対等な関係であるべきなのですから。

札幌の賃貸物件は、基本的に安く、また空いている物件もたくさんあるため見つけやすいという特徴があります。