飲食店開業において、居抜き物件の利用によるメリットを考える

そもそも居抜き物件とは

一般的なテナント物件の場合、基本的には建物の内側には壁もなく、コンクリートがむき出しになっています。これは、新築物件ではもちろんそうですし、築年数の古い物件でも、賃貸契約終了と同時に工作物を撤去する事が一般的だからです。新たにテナント物件を借りようとする場合は、工作物が何もない状態から内装工事に取り掛かるのが一般的です。居抜き物件とは、賃貸契約終了によって、本来は撤去されるはずの工作物がそのままにされ、その工作物ごと借りられる店舗物件のことを指します。

居抜き物件は内装工事費用を抑えられます

居抜き物件は、すでにある工作物をそのまま使っても良いとされていますので、例えばカウンターがあれば、新たにカウンターを設置する費用が不要となります。基本的な工作物をそのままにして、リフォームを行う程度でかなり綺麗になれば、大幅に内装工事費用が削減できますので、それに伴って初期投資も抑えられます。ただ注意が必要なのは、闇雲に古い居抜き物件を借りてしまい、工作物が古すぎて使えず、結局撤去に余計な費用がかかるという点です。

内装工事にかかる時間も短縮できます

テナント物件の賃貸契約を締結すると、お店が営業していようが営業していまいが、毎月テナント料が発生します。ですから、出来るだけ短い内装工事期間で、出来るだけ早くお店をオープンする必要があります。そんな時、居抜き物件はとても便利です。既存の工作物をうまく利用できれば、内装工事費用だけではなく、工事期間の大幅な短縮にもつながります。結果的にオープンが早められますので、一石二鳥の効果が期待できるといえます。

駐車場付きの店舗物件は敷地を広く取っていることから家賃が高額に設定されています。また、車両の出入りのし易さは物件によって異なるので入居の際には必ず下見を行って利用し易い造りであることを確認します。